マツダ株式会社がSCSKのAUTOSAR準拠「QINeS BSW」の検証を開始

PDF (133KB)
2019年6月6日(木)
SCSK株式会社

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO 最高経営責任者:丸本 明、以下 マツダ)が「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」の検証を開始したことをお知らせします。

 

1. 概要


 昨今の自動車においては、電子制御領域の拡大に伴う車載ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)数の増加に対して、BSW(ベーシックソフトウェア)の開発規模も比例し、BSW搭載ユニットが増加しています。このような中で、開発効率化を実現していくためには、様々な性能/安全要求をもつユニットに対し標準化されたBSWを完成車メーカーまたはECUサプライヤーに供給できることが求められており、このたびマツダでは、SCSKが提供する「QINeS BSW」の適合性検証を開始しました。 
 
 

2. 「QINeS」製品概要


SCSKの「QINeS」は、「高品質」「高効率」な車載ソフトウェア開発を支える、AUTOSAR※準拠のBSWを中心とした一連のソリューションです。BSW、開発・管理プロセス構築、教育、およびエンジニアリングサービスをワンストップで提供します。ソフトウェアの再利用と自動化によって、車載ECU開発において品質と生産性の向上を実現します。

 

※AUTOSAR : 車載ソフトウェアの標準規格

 

 

3. 今後の予定


BSW単体としての検証や開発環境の整備を行うとともに、機能安全要求/コンセプト(FSR/FSC)への検証も進めていきます。

 

車載システム開発における35年以上の経験と実績を持つSCSKは、「QINeS BSW」および、その周辺サービスを提供することで、自動車産業を支えてまいります。

 

 

SCSKモビリティサービス「QINeS」へブランド再定義

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:當麻 隆昭、以下 SCSK)は、「高品質」「高効率」な車載ソフトウェア開発を支える、AUTOSAR※1準拠のベーシックソフトウェア(BSW)を中心とした一連のソリューション「QINeS」(クインズ)を2015年より提供しています。このたび、ソリューション名としていた「QINeS」を、SCSKが提供するモビリティサービスの総称としてブランドリニューアルいたしました。In-Car領域の知見を活かした、Out-Car領域でのサービス開発を強みに、モビリティ事業を成長させ、2030年「Smart Cityに貢献するモビリティサービサーNo.1」と「売上1,000億円の実現」を目指します。

FPT Software Company と QINeS BSW海外販売に関する業務提携契約を締結

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:當麻 隆昭、以下 SCSK)は、AUTOSAR 準拠の車載ベーシックソフトウェア(BSW)製品「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」に関し、FPT Software Company Limited(本社:ベトナム ハノイ、代表取締役社長 ファム・ミン・トゥアン、以下 FPT Software)と海外販売に関する業務提携契約を締結いたしました。

株式会社ミツバがAUTOSAR準拠BSW 「QINeS BSW」を採用                        ~自動車完成車メーカー向けパワーバックドア製品の制御ECUへ搭載~

PDF(122KB)   SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹、以下SCSK)は、 株式会社ミツバ(本社:群馬県桐生市、代表取締役社長:長瀬 裕一、以下ミツバ)が開発するパワーバックドア製品の制御ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)に対し、「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」が採用されたことをお知らせします。   ミツバは、創業以来もの造り企業として大切にしてきた考え方を「夢の創造」「挑戦する心」「技とスピード」の3つの核とした行動規範を示した「MITSUBA WAY」の実践として、