製品

ご提供する製品

製品

ご提供する製品
国内BSWメーカとしては2015年にいち早くBSW製品を市場に投入し、以来、Pure AUTOSARであること、また、国内での製品開発およびサポートを強みとして多くのお客様にご採用いただいております。
AUTOSARに準拠した車載ソフトウェア開発および関連ツールのご提供により、高効率・高品質な車載ソフトウェア開発を支援いたします。

サービス

ご提供するサービス

System Integration

1980年代から40年に渡り培った車載システム開発実績を活かし、BSW製品を含むワンストップサービスおよびお客様製品にQINeS BSWを適合させる導入支援サービスをご提供いたします。

Process Service

知見を集約し提供するプロセスサービスは一般的なコンサルティングではなく、組織目標・課題・開発特性に合わせた実践的なものであり、構築したプロセスが組織に定着するまでをご支援いたします。

MBSE/MBD Service

複雑大規模化する車載ソフトウェアに対し、システム開発の全体最適を図るモデルベースシステムズエンジニアリングおよび2000年から取組んでいるモデルベース開発に関し、お客様の目的に応じたカスタムサービスをご提供いたします。

作成者: 立松伸哉

ETロボコンを活用した組込み技術者の育成

 SCSKの組込み部隊は、1970年代、製鉄所の搬送路制御から始まって以来、長い歴史があります。2000年前後のビジネス系基幹システム開発の活況に圧され、組込み技術者のビジネス系技術分野への配置転換が行われ、関西、関東地区の家電系部隊が解散され、名古屋地区の車載系開発を担当していた部隊のみが辛うじて存続しました。

 2000年以降の自動車への環境、安全要求が増えたことで、車載に搭載されるECUが急増し、ECUソフトウェアは複雑、膨大化しました。その結果、低迷していた車載系マーケットは2002年を底に回復し、SCSKの組込み部隊はモビリティシステム開発部門として車載開発を中心としたサービスを提供しています。

「第12回[国際]カーエレクトロニクス技術展」出展 アフターレポート

SCSKは、2020年1月15日(水)~1月17日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第12回[国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展しました。「オートモーティブ ワールド [国際]カーエレクトロニクス技術展」は、カーエレクトロニクスの進化を支える半導体・電子部材、ソフトウェア、テスティング技術などが一堂に出展する本分野世界最大の専門展です。会場では各社より、カーエレクトロニクス分野で求められている最先端テクノロジーにフォーカスした、多種多様な展示やワークショップが行われました。

機能安全国際規格ISO26262の認証取得について

SCSK株式会社は、ソフトウェア開発に関するパートで機能安全国際規格ISO26262(ISO26262:2011)の最高安全水準であるASIL-Dまで対応可能な開発プロセスであるという第三者認証を取得しました。
SCSKでは、本開発プロセスに沿って「AUTOSAR」準拠の車載ベーシックソフトウェア製品「QINeS-BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」を開発しており、お客様に安心・安全なBSWを提供します。

マツダ株式会社および地域に根付く人財育成プラットフォーム構築支援を開始

PDF (132KB) 2019年7月2日(火) SCSK株式会社       SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO 最高経営責任者:丸本 明、以下 マツダ)および、公益財団法人ひろしま産業振興機構(理事長 深山 英樹、以下 ひろしま産振構)と連携し、将来の自動車開発を支えるソフトウェア開発人財の育成プラットフォーム構築支援を開始しました。 マツダは、今後ますます車両部品に占めるソフトウェアが爆発的に増加して