マツダ株式会社および地域に根付く人財育成プラットフォーム構築支援を開始

~未来のクルマ社会を支える産業振興の実現(広島発)に向けて~

PDF (132KB)

2019年7月2日(火)

SCSK株式会社

 
    SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO 最高経営責任者:丸本 明、以下 マツダ)および、公益財団法人ひろしま産業振興機構(理事長 深山 英樹、以下 ひろしま産振構)と連携し、将来の自動車開発を支えるソフトウェア開発人財の育成プラットフォーム構築支援を開始しました。

1. 概要


マツダは、今後ますます車両部品に占めるソフトウェアが爆発的に増加していくことを踏まえ、ソフトウェア開発エンジニアの育成を喫緊の課題として捉えていました。ソフトウェア開発人財育成構想をまとめるにあたり、SCSK、マツダ、ひろしま産振構でワーキンググループを形成し、車載ソフトウェア開発者育成のためのSCSK教育カリキュラム構築ノウハウや教材の共有を行い、カリキュラム拡充とともに、マツダ、SCSK両社でトライアル教育を実施し、カリキュラムのブラッシュアップも並行して行っていきます。
 
 

2. 今後の予定


本人財育成プラットフォームでは、地域の学生/企業育成を視野に入れ、開かれた育成プラットフォーム構築を目指し地域人財の底上げを図ります。今後、順次一般にも受講できるように整備を進めていきます。

 

車載システム開発における35年以上の経験と実績を持つSCSKは、人財育成支援および車載周辺サービスを提供することで、自動車産業を支えてまいります。

 

SCSKモビリティサービス「QINeS」へブランド再定義

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:當麻 隆昭、以下 SCSK)は、「高品質」「高効率」な車載ソフトウェア開発を支える、AUTOSAR※1準拠のベーシックソフトウェア(BSW)を中心とした一連のソリューション「QINeS」(クインズ)を2015年より提供しています。このたび、ソリューション名としていた「QINeS」を、SCSKが提供するモビリティサービスの総称としてブランドリニューアルいたしました。In-Car領域の知見を活かした、Out-Car領域でのサービス開発を強みに、モビリティ事業を成長させ、2030年「Smart Cityに貢献するモビリティサービサーNo.1」と「売上1,000億円の実現」を目指します。

アドヴィックスがAUTOSAR準拠「QINeS-BSW RTOS」を採用

PDF (138KB) 2019年1月15日(火) SCSK株式会社    SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、 株式会社アドヴィックス(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:大竹 哲也、以下 アドヴィックス)が開発する「次世代ブレーキシステム製品の制御ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)(以下 次世代ブレーキ制御ECU)」に対し、「QINeS-BSW RTOS(クインズ ビーエスダブリュー リアルタイムオーエス、以下 QINeS RTOS)」が採用されたことをお知らせします。

株式会社ミツバがAUTOSAR準拠BSW 「QINeS BSW」を採用                        ~自動車完成車メーカー向けパワーバックドア製品の制御ECUへ搭載~

PDF(122KB)   SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹、以下SCSK)は、 株式会社ミツバ(本社:群馬県桐生市、代表取締役社長:長瀬 裕一、以下ミツバ)が開発するパワーバックドア製品の制御ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)に対し、「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」が採用されたことをお知らせします。   ミツバは、創業以来もの造り企業として大切にしてきた考え方を「夢の創造」「挑戦する心」「技とスピード」の3つの核とした行動規範を示した「MITSUBA WAY」の実践として、