機能安全国際規格ISO26262の認証取得について


 

SCSK株式会社は、ソフトウェア開発に関するパートで機能安全国際規格ISO26262(ISO26262:2011)の最高安全水準であるASIL-Dまで対応可能な開発プロセスであるという第三者認証を取得しました。

 

SCSKでは、本開発プロセスに沿って「AUTOSAR」準拠の車載ベーシックソフトウェア製品「QINeS-BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」を開発しており、お客様に安心・安全なBSWを提供します。

 

プロセス認証機関:SGS-TUV
対応可能レベル:ASIL-D
認証取得日:2019年7月

 

 

※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

 

ホームページ リニューアル

QINeSホームページをリニューアルしました。

SCSKグループ 共創ITフォーラム 2021 アーカイブ

2021年11月10日~12月10日に開催された「SCSKグループ 共創ITフォーラム 2021 オンライン」のアーカイブのうち、モビリティ事業の取り組み動画を視聴いただけます。
モビリティ事業への取り組み 100年に一度と呼ばれるモビリティ大変革の時代、SCSKは、自動化・電動化といった高度な仕組みへの対応、およびコネクティッドにより新しく生まれるサービス作りへの対応の両輪で事業を推進します。

SCSKグループ 共創ITフォーラム 2021 オンライン ソリューション紹介のお知らせ

SCSKは、2021年11月10日(水)~12月10日(金)まで「SCSKグループ 共創ITフォーラム 2021 オンライン」を開催します。
開催期間中は国際政治学者で株式会社山猫総合研究所代表の三浦 瑠麗氏の基調講演をはじめ、SCSKグループのお客様ならびにパートナー様より豊かな未来社会の創造」「安心・安全な社会の提供」「いきいきと活躍できる社会の実現」をテーマにご講演いただきます。
また、株式会社Kaizen Platform 代表取締役の須藤 憲司氏とSHOWROOM株式会社 代表取締役社長の前田 裕二氏の1日限定配信もございます。
モビリティ事業グループからも「QINeSの取り組み」など4つのソリューションをご紹介します。