QINeS-Lite

QINeS-LiteはエッジECU(センサー/アクチュエータ製品等)に搭載される16bitマイクロコントーラ向けに開発した軽量・高機能なソフトウェアプラットフォーム製品です。

※2024年4月発売決定!

※詳細な製品仕様や価格についてはお問い合わせページよりお問合せください

 

 

エッジECUに求められる新たな要求

自動車のE/Eアーキテクチャー進化に伴い、頭脳ECU、Zone ECU等で制御統合が進む中で、リアルタイム処理等が必要なエッジECUでは、接続先の頭脳ECUやZONE ECUと連携するための、新たな要求への対応が求められています。

QINeS-Lite 次世代EEアーキテクチャとエッジECU要求図

 

 

 

QINeS-Liteのコンセプト

エッジECUに必要となる新たな要求を実現するため、ルネサスエレクトロニクス社と協業し、16bitマイクロコントローラに対応したプラットフォームソフトウェア「QINeS-Lite」を、以下の3つのコンセプトに沿って開発致しました。

 

①新たな要求への対応
 1)高速通信の実現
 (LIN/CAN/CANFD/Network Management対応) ・・・COMパッケージ
 2)ソフトウェアアップデート ・・・RPRGパッケージ
 3)CyberSecurity対応 ・・・Secパッケージ
 4)故障診断対応 ・・・Diagパッケージ
 5)エッジECUの新た要件に対応したマイクロコントローラ
 (RL78/F24および、その後継)対応 ・・・MCALパッケージ

 

②お客様の開発負荷を軽減
 1)提供パッケージは、パラメータ設定するだけで利用可能
 2)機能安全エビデンス(ASIL-B)の提供

 

③お客様にとって最適なソフトウェアを提供
 1)パッケージ単位で製品を選択可能。必要最小なソフトウェアプラットフォーム構成を実現
 2)ミドルウェアの各パッケージは単独で動作(動作に必要なドライバーは内蔵)

 

QINeS-Lite ブロック図