SCSKが「ASAM」に加入しました


SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹、以下SCSK)は、2017年7月3日にASAM(Association for Standardization of Automation and Measuring Systems)のメンバーとなりましたので、お知らせいたします。
これにより、SCSK株式会社は、AUTOSAR準拠の車載ベーシックソフトウェア製品「QINeS-BSW」および関連するエンジニアリングサービスにおいて、ASAM規格に対応したサービスを、より幅広くお客様に提供できるようになりました。  
■ASAMとは

ASAMは、自動車の開発プロセスにおける各種開発ツールを相互に接続し、データをシームレスに交換できるようにすることを目的に活動する、自動車メーカー、サプライヤー、サービスプロバイダーを中心とした団体です。ASAM規格では、車載ECUの開発およびテストに使用するプロトコル、データモデル、ファイル形式、アプリケーションプログラミングインタフェース(API)を定義しています。シミュレーション、計測、キャリブレーション、テスト自動化の分野の多くのツールが、ASAM規格に準拠しています。

 

 

※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

 

ホームページ リニューアル

QINeSホームページをリニューアルしました。

SCSKグループ 共創ITフォーラム 2021 アーカイブ

2021年11月10日~12月10日に開催された「SCSKグループ 共創ITフォーラム 2021 オンライン」のアーカイブのうち、モビリティ事業の取り組み動画を視聴いただけます。
モビリティ事業への取り組み 100年に一度と呼ばれるモビリティ大変革の時代、SCSKは、自動化・電動化といった高度な仕組みへの対応、およびコネクティッドにより新しく生まれるサービス作りへの対応の両輪で事業を推進します。

モジュール積算シミュレーションリリースのお知らせ

QINeS BSWの「モジュール積算シミュレーション」をリリースします。

マイコンおよび必要モジュールを選択頂く事により、プロジェクトライセンス価格をシミュレーションできます。