MBSE/MBD Service

MBSEサポートサービス

開発対象システムと関連する他システムとの関係性を把握することで、ハードウェアシステム統合時の手戻りを抑制します。弊社ではシステム間の関係性を表現するにあたり、対象となる機能要件または性能要件の分析および整理をシステム構成図やSysMLなどを用い支援します。

 

冷却システム構成図からはシステムの構成と冷却方法が明らかになりますが、別の機能要件や性能要件での関係を図に示すことで機能要件や性能要件の役割分担を明確化出来ます。
例えば、センサーの電源電圧に関する構成図を左記に示します。
システムCは温度センサを持たないので、システムBの温度センサの値から推測する必要がありますが、センサの電源電圧が低下した場合は信頼性が失われるため、信頼度も一緒にシステムCは知る必要があります。
関係性を明確にすることで開発初期にシステムの妥当性を確認し、認識の齟齬による不具合を防止出来ます。

 

MBDプロセス最適化サービス

開発プロセスの最適化とは要求およびハードウェア変更が発生した開発での収集情報または検討内容を資産とし、再利用出来る状態に整備することです。弊社では資産再利用による継続的な開発効率向上にあたり、設計および開発プロセスでの情報整備を支援します。

 

 

MBDエンジニアリング支援サービス

MBDエンジニアに求められるスキルは対象ハードウェア理解を始め、制御理論、自然言語による要件・要求表現の関係性整理、テストまでのトレースおよび検証環境への習熟など多岐に渡ります。弊社ではお客様が注力すべきコア業務へ集中するため、対象となる開発工程の一括請負を始め、MBDエンジニアに向けた教育資料およびガイドライン作成等を支援します。