効率的なECU(Electronic Control Unit)※1 開発を実現する                        車載BSW(Basic Software)※2 製品を提供開始                        ~ 独自開発のリアルタイムOSを搭載した国産BSW ~


 

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大澤 善雄、以下SCSK)は、下記5社の戦略提携各社と共同開発したAUTOSAR(オートザー)※3 準拠の車載ベーシックソフトウェア製品「QINeS-BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」※4 を、2015年10月より提供開始します。

 

<戦略提携企業5社>

 ・株式会社豆蔵

 ・イーソル株式会社

 ・ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社

 ・キャッツ株式会社

 ・株式会社未来技術研究所

(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中原 徹也)

(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏)

(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ファン・マヌエル・エステベス)

(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:渡辺 政彦)

(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:若杉 聡吾)

 

※1 ECU

※2 BSW

※3 AUTOSAR

※4 QINeS

 

: Electronic Control Unit(自動車制御用コンピュータ)

: Basic Software (ECUのOS、ドライバ、ミドルウェアにあたる部分)

: 車載ソフトウェアの標準規格

: SCSKでは、車載新規事業をECUソフトウェアの高品質革新「High-Quality Innovation in the ECU-based Software」から文字を取り、QINeS(クインズ)と名付けています。クオリティとソフトウェアをイノベーションでつなぎ、自動車産業を支えるという意思を込めています。

 

1.背景と概要


自動車に搭載される機能は、環境と安全への対応で年々高度になり、それを実現するための車載システム(ECUソフトウェア)の開発規模は大幅に増大しています。加えて、機能安全やセキュリティに関わる新たな基準への対応が求められるなど、車載システムを安全かつ効率的に開発することは自動車完成車メーカーおよびサプライヤーにとって至上命題となりつつあります。

 

このような状況に対して、2014年11月にSCSKほか車載IT企業5社は車載システム事業に対して戦略的な業務提携で合意しました。これにより、日本の自動車産業の発展に寄与すべく、それぞれの得意とする専門分野を持ち寄り、日本の自動車完成車メーカーおよびサプライヤーのECUソフトウェア開発を支援し、AUTOSAR関連事業を推進しています。このたび、業務提携の取り組み成果の一環として、AUTOSARに準拠した独自開発のリアルタイムOSを搭載した国産車載ベーシックソフトウェア「QINeS-BSW ver 1.0」および周辺サービスを提供開始します。

 

 

2.製品の特長


本製品車載BSW「QINeS-BSW ver 1.0」および周辺サービスの主な特長は以下の3点です。

 

(1)コスト競争力強化への貢献

「QINeS-BSW」は、16bitマイコンと32bitマイコンの差分を吸収するソフトウェア構造を実現します。これにより、車種ごと、マイコンごとに行われているECU開発における、アプリケーション部分の開発量を抑え込むことが可能となります。具体的には、高級車向けには32bitマイコンを、新興国市場に向けた廉価版車種には16bitマイコンを選択し、共通機能のソフトウェアの二重開発を行うことなく、ECU開発原価の抑制に貢献します。

(2)生産性・開発速度向上への貢献

「QINeS-BSW」は、車種ごとに行われているソフトウェアコードの実装量を削減します。16bit/32bitマイコンの二重開発を防ぐことに加えて、自動車の部品ごとに車載ソフトウェア領域のフレームワークとライブラリを提供し、構造化と共通化で実装量を削減することを実現します。
再利用性を高めることに加えて、ソフトウェアコード生成ツール、テストケース生成ツール、自動テストツールを連携させることで生産性・開発速度向上に貢献します。

(3)品質向上への貢献

ソフトウェア再利用による品質向上に加えて、手順・ツールにより実現する標準プロセスを順次リリースする計画です。標準化・有限化により、定量的な可視化を実現し、要求・要件・実装コード・テスト結果に至るまで、ツールによるトレーサビリティ管理を実現することで品質向上に貢献します。

 

 

3.「QINeS-BSW ver 1.0」および周辺サービスの内容


(1)「QINeS-BSW ver 1.0」

• AUTOSAR4.0.3対応BSW、リアルタイムOS、ボディ系部品対応Framework

(2)開発ツール

• AUTOSAR4.0.3対応 AUTOSAR Runtime Environment自動生成ツール
• テストケース生成ツール、自動テストツール (開発中・順次提供予定)

(3)プロセス標準

• QINeS適用プロセス構築支援コンサルティング
• QINeS適用プロセステンプレート (開発中・順次提供予定)

(4)教育・活用支援

• QINeSアーキテクチャー活用支援コンサルティング
• QINeS開発ツール活用支援コンサルティング

(5)SI

• AUTOSAR対応ECUアプリケーション開発
• 機能安全対応コンサルティング

 

※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

 

FPT Software Company と QINeS BSW海外販売に関する業務提携契約を締結

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:當麻 隆昭、以下 SCSK)は、AUTOSAR 準拠の車載ベーシックソフトウェア(BSW)製品「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」に関し、FPT Software Company Limited(本社:ベトナム ハノイ、代表取締役社長 ファム・ミン・トゥアン、以下 FPT Software)と海外販売に関する業務提携契約を締結いたしました。

マツダ株式会社および地域に根付く人財育成プラットフォーム構築支援を開始

PDF (132KB) 2019年7月2日(火) SCSK株式会社       SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO 最高経営責任者:丸本 明、以下 マツダ)および、公益財団法人ひろしま産業振興機構(理事長 深山 英樹、以下 ひろしま産振構)と連携し、将来の自動車開発を支えるソフトウェア開発人財の育成プラットフォーム構築支援を開始しました。 マツダは、今後ますます車両部品に占めるソフトウェアが爆発的に増加して

マツダ株式会社がSCSKのAUTOSAR準拠「QINeS BSW」の検証を開始

PDF (133KB) 2019年6月6日(木) SCSK株式会社  SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO 最高経営責任者:丸本 明、以下 マツダ)が「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」の検証を開始したことをお知らせします。    昨今の自動車においては、電子制御領域の拡大に伴う車載ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)数の増加に対して、BSW(ベーシックソフトウェア)の開発規模も比例し、BSW